人と環境に優しいオーダー家具専門店

  株式会社 山ノ木
HOME»  スタッフブログ
HOME»  スタッフブログ»  納品»  テーブルと椅子納めていよいよ新しいダイニングキッチンの稼働です

テーブルと椅子納めていよいよ新しいダイニングキッチンの稼働です

テーブルと椅子納めていよいよ新しいダイニングキッチンの稼働です

2/20・21の両日でキッチンの搬入取付工事は終了。あとは設備機器や家電製品の搬入設置・試運転等残すのみで、今回は工務店さんにバトンタッチ。そして3/8にウォールナット無垢材仕様のテーブルと椅子4脚搬入納品していよいよ新しいキッチンの稼働です。

 今回施工させて頂いたキッチンは、マホガニーの単板貼り・天板は人工大理石。                    

 冷蔵庫の横は床から天井まで伸びた引き出し式パントリーが2台週能力抜群。 一度あけてみるとどこに何が収まっているかが一目瞭然です

 オリジナルのシンクは、水はねが少ないよう深めのシンクに,水勾配をつけた水切りスペースを設けその下部は引き出し式の食洗機丁度使いやすい高さになりました。 リフォームだったのでましてキッチンが2階の位置にあるので極力窓の位置・換気扇の位置をできるだけ変えずにとの工務店さんの配慮伺えます。そのため大きな換気扇フードになりましたが反ってシロッコファン等にするよりもお手入れはやりやすいでしょう。ガラリの吸気口も設けてガスコンロなので、煙の引きもいいかと思われます

 キッチン向かって右壁面に家電収納と食器棚。こちらも引き出しパントリー同様ショールームに展示させて頂いているタイプと同じに使わないときは目隠ししてしまえるようフラップドアを設け、使用するときは扉が中に収まってしまい、家電を設置しいているSUS貼りの天板がスライドして出てこれるようになっております。その上部と食器棚の扉はわずかに前に持ち出されてから横にスライドして開くスガツネ工業さんのリンクスヒンジを使っております。なのでテーブルの前に人が座っていても邪魔にならず食器の出し入れができるでしょう。

 今回も流し台の引出はタンデムボックス(ブルム社)に底板はステンレス板貼りその上に天然ゴムを引いて収納物が滑らない工夫しております。また巾木部分の有効利用で収納に目いっぱい使っておりますが、しかし、流し台の前に立った時は起ち振舞しやすいように50mmへっ込んでいます。食器棚の引き出しは同じブルム社の木製用タンデムレール。タンデムボックス同様自動的に引き込んでくれるブルモーション付き。 

 そしてとっておきのテーブルと椅子、いずれもウォールナットの木目や肌触りを活かした仕上げになっております。特に今回のテーブルは中央に磁器タイルをはめ込んでデザイン性及び耐熱性をも持たせております。鍋敷きはいらないかも。

 なお4脚のウォールナットの椅子は、弊社オリジナルパターンの一つ、座り心地重視で無垢材なのにお尻にジャストフィットしております。一つ一つ手作業で作り上げました。

       

 

2012-03-18 14:55:20

納品   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamanoki.com/app/TrackBack/receivetb/SID/x1124144/EID/14

トラックバック記事一覧